スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国交省、官製談合で元職員にも損害賠償請求(読売新聞)

 国土交通省発注の水門設備工事を巡る談合で、国交省は29日、川崎重工業など23社に対し、談合で生じた損害計約8億6700万円を支払うように請求した、と発表した。

 請求は今月4日付。

 旧建設省の元技監や元国土地理院長など元職員5人にも、23社と連帯して約7億8600万円を払うように求めた。対象になったのは2001~05年発注の工事52件で、元職員5人はうち44件に関与していた。同省が官製談合防止法に基づいて元職員に損害賠償を求めたのは初めて。

 また独立行政法人・水資源機構も同日、同機構発注の水門設備工事9件で12社に対し、談合で生じた損害計約7億2200万円を請求した、と発表した。元常務参与と元理事にも、同じく連帯して約7億2200万円を請求した。

土地購入前日、8億円を集約=陸山会など複数口座から-資金洗浄意図か・小沢氏団体(時事通信)
普天間移設「ゼロベースで検討」…首相言及(読売新聞)
<傷害>路上で切られ中1女子けが 愛知・犬山(毎日新聞)
名護市長選「斟酌せず」に抗議へ…沖縄選出議員(読売新聞)
男児の裸写真をネット公開、容疑の男逮捕 警視庁(産経新聞)
スポンサーサイト

犯罪被害者の会 新補償制度創設要求を決議(毎日新聞)

 全国犯罪被害者の会(あすの会、会員約380人)は23日、創立10周年の記念大会・シンポジウムを東京都内で開いた。

 岡村勲代表幹事は、08年から始まった刑事裁判の被害者参加制度などを例に「(創立から)10年で犯罪被害者を巡る環境は変わった」とあいさつ。「司法制度が完備されても、(後遺症や医療費で)生活に困る被害者を出してはいけない」と述べ、犯罪被害者への経済支援を拡充する新補償制度創設を求めることを今後の運動方針として決議した。

 あすの会の算定では、犯罪被害者への補償金負担額は、日本では国民1人当たり16円43銭。これに対し、フランス593円、英国550円、ドイツ339円、米国167円となっており、08年から犯罪被害者への給付金が拡充されたものの、欧米諸国の1割程度。

 同会は「欧米に比べると大きな隔たりがある。誰でも犯罪被害者になる可能性があり、犯罪被害者への補償は国民全体で負担すべきだ」と主張。過去に起きた事件で今も後遺症に苦しむ被害者がいることから、さかのぼって補償が及ぶような新制度が必要としている。

 また、これまで同様、凶悪重大事件の公訴時効廃止を求める方針を確認。大会の祝辞の中で加藤公一副法相が「刑事訴訟法改正の法案提出準備をしている。6月16日の通常国会会期末までに成立させたい」と時効見直しに言及し、会場から拍手が起きた。【山本浩資】

小沢氏「(陸山会の)代表者としての責任はある」(産経新聞)
自民党大会 ノムさん敗因分析「負けに不思議の負けなし」(毎日新聞)
【中医協】医療技術72件の新規保険適用を了承(医療介護CBニュース)
<訃報>永田法順さん74歳=最後の琵琶盲僧(毎日新聞)
谷垣総裁「疑惑追及し解散迫る」=政権奪還へ結束訴え-自民党大会(時事通信)

<通常国会>菅氏、論戦で存在感…首相への質問も答弁(毎日新聞)

 今通常国会で財務相として論戦デビューした菅直人副総理兼財務相が存在感を示している。もともと論戦を挑んでは相手を追い込む「野党型」だが、得意の政治改革や成長戦略では長広舌の政策アピールを展開。挑発にカッとなる「イラ菅」ぶりも健在。自らの偽装献金問題や対検察発言で防戦一方の鳩山由紀夫首相とは対照的な姿を印象付けている。

 22日の衆院予算委員会。菅氏のボルテージが一気に上がったのは、自民党の茂木敏充幹事長代理が政府の経済成長戦略の基本方針を「欠陥商品だ」と断じた時だった。基本方針は菅氏の肝いりで昨年12月にまとめたもので、これが菅氏のかんにさわった。

 「これまでの政権の政策がなぜ達成されていないか。政治的リーダーシップに欠けているからだ。今笑っている皆さんが胸に手を当ててみてください」と野党席をにらみつけながら反論した。

 公明党の井上義久幹事長が、自公政権が作った09年度第1次補正予算を鳩山政権が一部凍結したために「経済対策の空白ができた」と指摘。鳩山首相の認識をただした質問だったが、菅氏が答弁に。井上氏の「首相に聞いているんです」の言葉に耳も貸さず、「中身を変えないと改革できないから凍結した」と反論し、逆に緊急経済対策を盛り込んだ09年度第2次補正予算案への賛成を求めた。

 ただ、この日のパフォーマンスは、菅氏得意の「押しの強さ」を見せたもの。財政政策など菅氏独自の経済運営全般に対する考え方は披露されず、本格的な経済論戦までには至らなかった。【坂口裕彦、野原大輔】

【関連ニュース】
菅財務相:沖縄返還密約文書 財務省へ調査の徹底を指示
菅副総理:財務相就任後も官邸で会見「内閣全体に目配り」
為替:菅氏発言で閣内見解分かれる
菅副総理:「全閣僚で合宿」提案 内閣一体感を演出狙い?
菅財務相:予算組み替え本格着手…拡大閣僚懇で意見交換

マンション協力金 不在所有者の負担認める 最高裁判決(毎日新聞)
普天間、地元同意なしで結論も=平野官房長官(時事通信)
<枝野氏人事>たなざらし2週間 平野氏が嫉妬?(毎日新聞)
巨人加治前選手、野球用具盗まれる=駐車中の車から-神奈川(時事通信)
社会医療法人認定進まず 制度発足から2年「壁」高く(産経新聞)

小沢氏会見「家族名義」「現金保管」詳細語らず(読売新聞)

 25日、東京・永田町の民主党本部で、東京地検特捜部の事情聴取後初めてとなる定例記者会見に臨んだ同党の小沢一郎幹事長。

 事情聴取を受ける前のような強気な口調はなく、質問に深くうなずきながら一言一言を確認するように答えたが、事件を巡って浮上している数々の疑問点については、簡単な説明にとどまった。

 焦点となっている東京都世田谷区の土地購入代金の原資4億円に、小沢氏の家族名義の口座から引き出した資金が含まれていたとしていることについて、小沢氏は記者会見で、自身の病気がきっかけだったと説明したが、これが家族への贈与なのか、単なる「名義借り」だったのかについては言及しなかった。

 また、家族名義の口座から引き出した資金を自分の事務所の金庫に保管していたことについては、「政治資金と私的な資産は明確に区別している」と述べたが、どう区別していたかについても触れなかった。

 小沢氏の資金管理団体「陸山会」は問題の土地の代金を支払った後、4億円の定期預金を組み、これを担保に小沢氏名義で同額の融資を受けていた。小沢氏自身も融資の関係書類に署名していたが、小沢氏はこの点について「私自身としては(土地を)買うという方向性を決め、自分の資金を提供したというところまでで、(秘書が)具体的にどう事務を取り扱ったのか、どのように相手方と交渉したのか、一切報告をしろと言ってないし、信頼して任せていた」として、詳細は知らなかったと主張した。

 一方、党内に捜査当局をけん制するような動きが出ていることについて問われると、「そのことについて、一切党内に指示も意見も言っていない」と述べた。

重野幹事長の続投決定=国対委員長は先送り-社民党大会(時事通信)
28日に介護ロボットの実演会―全国老施協が市民フォーラム(医療介護CBニュース)
拘置所移送中、警官に暴行=脅迫で起訴の男逮捕-北海道警(時事通信)
新型インフルの輸入ワクチンが特例承認(医療介護CBニュース)
消防職員の団結権、今秋に結論=有識者検討会が初会合-総務省(時事通信)

外相が米国務長官らに書簡=「核廃絶に反する政策求めぬ」(時事通信)

 岡田克也外相は22日夜の記者会見で、米国が進めている核戦略体制見直し(NPR)に対する日本の立場を説明した書簡を昨年12月にクリントン国務長官とゲーツ国防長官に送ったことを明らかにした。書簡は、米国の核抑止力について「信頼性は十分な能力によって裏付けられる必要がある」と指摘すると同時に、「『核兵器のない世界』という目標と相反する政策を求めるものではない」と強調している。
 NPRをめぐっては、麻生政権当時に日本側が、抑止力維持の観点から核巡航ミサイル「トマホーク」の退役に反対したなどとする指摘がある。外相は、これを打ち消すために書簡を送付したと説明、「わたしなりに精査し、(反対は)なかったと理解した」と述べた。 

【関連ニュース】
〔特集〕真珠湾攻撃~ワレ奇襲ニ成功セリ~
〔特集〕F35ライトニング戦闘機~次期主力戦闘機の有力候補~
【特集】陸上自衛隊装備図鑑~新型戦車、10年度配備へ~
【特集】緊迫!朝鮮半島~北朝鮮が韓国侵攻訓練~
〔特集〕F22、F35のフォト満載! 軍用機ミュージアム

伝統ウォームビズ「ねこ」で仕事=長野県〔地域〕(時事通信)
シーレーンは他国任せ 海自がインド洋から撤収(産経新聞)
取り調べテープを再生=菅家さん「自白」、任意性検証-足利事件再審公判(時事通信)
いつも仲良し、ヒツジの「にっき」と「まっちゃ」 京都市動物園(産経新聞)
司馬さん愛した庭“復元” 記念館が隣接地を購入(産経新聞)

歴代政権の責任指摘=日航破綻で政府・与党-首相は意識改革促す(時事通信)

 日本航空の会社更生法適用申請を受け、政府・与党は19日、同社の再生を支援していく方針を改めて示した。企業再生支援機構を通じ、公的資金が投入されるが、再建に失敗すれば、多額の国民負担が生じることになりかねない。このため、歴代自民党政権の責任を指摘し、予防線を張る声も漏れる。
 鳩山由紀夫首相は同日夜、首相官邸で記者団の質問に答え「一番大事なことは日航で働くすべての皆さんが新しい気持ちになり、再生に全力を尽くすことだ」と社員の意識改革を求めた。同社の経営合理化なくして、公的資金での支援への国民の理解は得られないとの判断からだ。国民が多額の負担を強いられれば、批判の矛先は鳩山政権に向きかねない。
 こうした事情を踏まえ、副大臣の1人は、経営破綻(はたん)の原因について「自民党政権が運輸族の圧力を背景に、不採算路線を多数維持してきたからだ」と強調。ある民主党議員は「過去の悪い連鎖を断ち切った」と、法的整理の妥当性を力説した。
 もっとも、昨年9月の政権発足直後に同社の再建問題が浮上して以降、処理策が二転三転したのも事実。法的整理を主導した菅直人副総理兼財務相の周辺からは、前原誠司国土交通相直轄の専門家チームが当初、私的整理を提言したことに触れ「初動で間違えた。前原氏の見通しが甘かった」との声も上がった。 

【関連ニュース】
「大政翼賛会」は続かない~民主・渡部元衆院副議長インタビュー~
「小沢独裁」は作られた虚像~民主・輿石参院会長~
労組への配慮で公務員制度改革「封印」の危機
民主党と財務省の「一体化度」を検証する
「普天間」「習近平」「献金」で囁かれる「鳩山政権短命説」

「大声うるさい」81歳妻が89歳夫を刺殺未遂(読売新聞)
小沢事件で「検察批判」の政務官らを追及へ 自民(産経新聞)
<政教分離訴訟>原告笑顔で会見 「地域の施設」困惑も(毎日新聞)
<ヒメボタル>生息地の市道建設8割で中断 名古屋(毎日新聞)
名護市長選、普天間に影響も=鳩山首相(時事通信)

<原爆ドーム>被爆前の姿再現 日米の映像チームが共同作業(毎日新聞)

 広島・原爆ドームの被爆前の姿を再現しようと、日米の映像技術にかかわる専門家グループが製作していた画像が完成した。ハリウッドの大作にもかかわったスタッフらが、CG(コンピューターグラフィックス)やVFX(特殊視覚効果)など最先端の技術を駆使し、広島県産業奨励館と呼ばれていた当時、対岸の旅館の窓から見た光景などを鮮やかによみがえらせた。原爆が奪ったものを歴史に刻もうと、昨年10月から共同作業を進めていた。【宇城昇】

 「核なき世界」への歩みを進める日米共同作業--。原爆ドームの被爆前の姿がハリウッドの映像技術を用いて再現された。被爆者の証言などを頼りにCGやVFXを駆使、人類の「負の遺産」とされる原爆ドームが、「広島県産業奨励館」と呼ばれ、人々の集う場だったころの姿がよみがえった。

 画像は証言や資料などを基に青銅色のドーム型屋根や外壁の意匠、窓に揺れるカーテンなど細部まで作り込まれている。川を挟んだ「福亀旅館」の障子窓を開けた遠景に見える姿など数パターンの画像が作られ、障子を抜ける柔らかな光も表現された。

 画像製作は昨年10月に始まった。米国側スタッフは、映画関係者を多数輩出した南カリフォルニア大の教授陣や大学院生ら。気候変動を描いた映画「デイ・アフター・トゥモロー」(04年)でVFXを手がけたエリック・ハンソン准教授は「このプロジェクトは歴史に学び、平和をはぐくむ努力を強化する」と意義を語る。

 日本側は東京大や早稲田大、東京電機大の研究者、TBSテレビのスタッフらが連携して臨んだ。広島市で98年から爆心地のCG復元を続ける被爆者の田辺雅章さん(72)の生家は奨励館の東隣。両親と弟は被爆死した。奨励館の思い出を伝え、データ提供でも協力した。「優れた技術で正確な姿を歴史に残したい」と期待する。

 爆心直下の旅館には福島和男さん(78)=広島市=の両親や祖父母ら6人がいたが、遺骨も見つからなかった。学徒動員中で一家で唯一助かった福島さんは奨励館の庭で夏、セミ捕りをして遊んだ思い出があるという。「自分たちの遊び場だった当時を思い出す」と画像を見ながら懐かしそうに話した。【宇城昇、加藤小夜】

【関連ニュース】
20年五輪:長崎市、広島市との共催断念
山口彊さん死去:「8月6、9日は僕の命日」
山口彊さん死去:二重被爆者93歳 非核・平和訴え
20年五輪:JOC、広島・長崎共催拒否 世論支持を懸念
20年五輪:「広島、長崎共催は推薦できない」JOC会長

FEALAC外相級会合、東京宣言採択し閉幕(産経新聞)
<いじめ訴訟>病気との因果関係認める 最高裁が差し戻し(毎日新聞)
<センター試験>全日程を終了 病気などの961人が追試へ(毎日新聞)
<将棋>久保が三間飛車 王将戦第1局(毎日新聞)
<普天間移設>5月までに解決確信…イノウエ氏、首相と会談(毎日新聞)

積み立ては妻子名義=事務所でも現金保管-小沢氏資金(時事通信)

 小沢一郎民主党幹事長の資金管理団体をめぐる事件で、小沢氏が土地購入代に充てたとする資金について、関係者が21日、同氏の主張の詳細を明らかにした。
 この関係者の説明などによると、小沢氏は1998年ごろ、金融機関の破綻(はたん)が相次いだことから、銀行が信用できなくなったため、大手信託銀行に妻と子供の名義で積み立てていた資金の大部分に当たる約3億円を引き出した。資金の名義は家族だったが、実際の所有者は小沢氏本人だった。
 当初は全額を引き出そうとしたが、銀行側から頼まれたため、一部を残したという。引き出した資金は、現金のまま自宅で保管していた。
 その後、2001年には、銀行に残していた資金も全額を引き出した。この現金は、同氏の事務所に置いていたという。
 東京地検特捜部は、土地を購入した04年まで6年間も現金で持っていたのは不自然とみており、この資金は別の目的に使われた可能性があるとみて、調べている。 

【関連ニュース】
「大政翼賛会」は続かない~民主・渡部元衆院副議長インタビュー~
「小沢独裁」は作られた虚像~民主・輿石参院会長~
労組への配慮で公務員制度改革「封印」の危機
民主党と財務省の「一体化度」を検証する
「普天間」「習近平」「献金」で囁かれる「鳩山政権短命説」

ハイチに緊急医療チーム、17日にも現地へ(読売新聞)
<将棋>久保、桂得 羽生反撃 王将戦第1局(毎日新聞)
日航株、7円で大量取引=連日のストップ安(時事通信)
<福岡乳児殺害>別の子供2人も治療受けず死亡(毎日新聞)
阪神大震災追悼式典に雅子さまご出席(産経新聞)

歌会始の儀・来年は「葉」(産経新聞)

 宮内庁は14日、来年の歌会始の儀の募集要項を発表した。お題は「葉」で、このお題を詠み込んだ自作・未発表の短歌を1人につき1首まで応募できる。若葉、落葉といった熟語も使用できる。

 応募者は習字用の半紙を横長に使い、右半分にお題と歌、左半分に郵便番号、住所、電話番号、氏名(本名、ふりがな)、生年月日、職業を毛筆で縦書きする。海外からの応募者は筆記具や用紙は自由だが、用紙サイズや書式は同じとする。

 病気や障害で毛筆が難しい場合は代筆、パソコンなどでの印字も可。その際は自筆でない理由と、代筆の場合は代筆者の住所と氏名を別紙に書く。視覚障害者は点字の応募もできる。

 募集は9月30日まで(消印有効)。あて先は「〒100-8111 宮内庁」で、封筒に「詠進歌」と書き添える。

【関連記事】
皇居で「歌会始の儀」 お題は「光」、10人の歌朗詠
「歌会始の儀」 両陛下や入選者の歌
歌会始に堺市の全盲女性 詠んだのは「心の中の光」
皇居への一般参賀、回数減らしても人数は減らず
皇居で新年一般参賀 陛下「世界の平安を祈ります」

【新・関西笑談】太棹に情を込めて(3)文楽三味線 野澤錦糸さん(産経新聞)
センター試験前に必勝祈願、スパート(産経新聞)
幸せを呼ぶ黄色 埼玉・宝登山でロウバイがみごろ (産経新聞)
小沢幹事長は「戦いに専念」、幹事長職務代行は輿石氏に(レスポンス)
平城宮跡で火災、建物被害なし=草地600平方メートル-奈良(時事通信)

志望校を外さない! 余部鉄橋「合格ナット」発売 兵庫・香美(産経新聞)

 JR山陰線・余部鉄橋(兵庫県香美町)で使用しているナットを地元のギャラリーが複製し、受験生向けに「合格ナット」として販売している。

 鉄橋が来年度のコンクリート橋完成後に一部を残して姿を消すのを機に、同町でギャラリーを開く米澤照夫さんが発案。JR西日本などに確認し、サイズやシンボルカラーの茶色も再現した。

 1個400円で、ボルト付きは1200円。長年日本海の風雪にさらされながらも外れなかったナット。米澤さんは受験生に「ナットにあやかり志望校を外さないで」と呼びかけている。

【関連記事】
ブランドよりお金!?名門私大の付属校ラッシュにOB激怒
中学受験もラストスパート!計算力鍛え“キー科目”を制せ
不況で「地元」「資格」志向高く 大学入試シーズン突入
高校無償化、受験シーズン突入の私立に不安・不満
五輪代表の高木美帆選手の入試を異例の前倒し 開会式と重なる

<浅川マキさん>ホテルで急死 67歳 名古屋公演で滞在中(毎日新聞)
<陸山会土地購入>石川議員「水谷建設元幹部と会ったかも」(毎日新聞)
「ガンブラー」被害拡大 OSを常に最新の状態に ユーザーも自己管理必要(産経新聞)
<小沢幹事長>「自らの信念通す」 党大会でのあいさつ全文(毎日新聞)
減反未達成の罰則を全廃=大潟村などに-秋田県(時事通信)

<強盗>目出し帽の男が郵便局から500万円 東京・江戸川(毎日新聞)

 18日午前10時ごろ、東京都江戸川区中葛西1の「江戸川中葛西一郵便局」に目出し帽をかぶった男が押し入り、カウンター内にいた局員に刃物を突き付け「動くな。金を出せ」と脅した。男は局員が差し出した現金約500万円を奪い、自転車で逃走した。けが人はなかった。警視庁葛西署は強盗容疑で男の行方を追っている。

 葛西署によると、男は50歳ぐらいで身長約160センチ。白いマスクに緑色のジャンパー、白いズボンを着ていた。当時、郵便局内には局員6人と客3~4人がいた。

 現場は東京メトロ東西線葛西駅の北約1キロの住宅街。【古関俊樹】

【関連ニュース】
強盗:男が店員縛り65万円奪う 大阪・DVD販売店
指輪強盗:新宿での事件と同一犯 台北警察が確認
強盗:名古屋の吉野家 食事の後に3万円奪い逃走
強盗:コンビニ売上金650万円奪われる 愛知・蒲郡
コンビニ強盗:2人組の男が現金奪って逃走 群馬・玉村町

NTT西に業務改善命令=顧客情報漏えい問題で-総務省(時事通信)
亀井氏、山拓氏の移籍否定せず(スポーツ報知)
<将棋>名人戦A級順位戦 丸山4勝目(毎日新聞)
<訃報>エリック・ロメールさん89歳=フランスの映画監督(毎日新聞)
裁判員裁判2年目「公判ラッシュ」 東北(河北新報)
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。